夏に流行する感染症『三大夏風邪』について

発熱 医療・健康

こんにちは、ぴんちゃんママです。

 

今大流行している

「手足口病」

「ヘルパンギーナ」

「プール熱」

 

これらは、夏に多く流行し

ウイルスが原因の所謂「夏風邪」です。

 

ぴんちゃんの地域周辺でも

大流行しています。

 

ウイルスはあちらこちらに

蔓延しているので

いつ誰が感染してもおかしくありません。

 

「三大夏風邪」と呼ばれる感染症。

それぞれの主な症状について

簡単に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

手足口病の主な症状

  • 小さいぶつぶつ
  • 小さい水ぶくれ
  • 口内炎
  • 発熱(出ない事もあります)
  • 食欲不振

これらの症状が手足口に出ますが、

胸や背中など体の中心には出ません。

 

 

ぶつぶつや水ぶくれの数、

出る箇所は人それぞれです。

お尻や耳にも症状が出る事もあります。

 

夏によく流行する手足口病とは?症状は?出席停止期間やや予防方法などについて【画像あり】
全国で「手足口病」の患者が急増しています。過去にも芸能人が手足口病に感染したとニュースになった事があるので、名前を耳にした事がある方もいるかもしれません。しかし、実際にはどのような症状が出現するのか、感染した時のお休み期間は?予防法はあるのかという事など「手足口病」に関する事について説明していきたいと思います。

 

ヘルパンギーナの主な症状

  • 38℃以上の高熱
  • 喉の痛み
  • 口の中に小さな水ぶくれ

 

ヘルパンギーナの場合、

手足口病と違って

口の中だけに症状がでます

 

唾を飲み込むのが辛い程痛い事が多いです。

 

夏によく流行するヘルパンギーナとは?症状や予防法は?
ヘルパンギーナは、夏に多くみられる風邪の1つです。子供に多く見られますが、大人も感染します。どのような症状で予防法はあるのかなど、「ヘルパンギーナ」についてお話をしていきたいと思います。

 

プール熱の主な症状

  • 目が赤くなる
  • 喉の痛み
  • 39℃前後の高熱
  • 目ヤニが出る
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 下痢

 

 

プール熱って?プールに関係するの?【症状や予防法、休み期間について】
三大夏風邪と呼ばれる感染症の1つである「プール熱」とは、いったいどんなものなのか?症状や治療法、感染時の休み期間、注意したい事などについて説明します。

 

予防方法は?

  • 手洗い・消毒
  • マスク
  • タオルや食器などの共有はしない

 

手洗いは、感染予防の基本です!

こまめに手を洗いましょう。

 

感染対策に手洗い&消毒が1番!子供にはどうやって教える?
様々な感染症から自分を守るには手洗いが有効です。しかし、正しい洗い方をしていないといくら手を洗っていても手についた菌やウイルスは落とせていません。手洗いの重要性や洗い方についてお話します。また、なかなか手洗いをしてくれない子供への対策について私なりに考えた方法を記載していきます。

 

家族内に感染者がいる場合

【共通注意事項】

  • オムツは袋に入れて捨てる
  • タオルや食器などの共有はしない
  • マスクをする

症状は1週間程で自然治癒しますが、

便から1ヶ月間ほどウイルスが

出ていると言われています。

 

【手足口病】
・水ぶくれを触らない
【プール熱】

・目ヤニをとる場合、
 使い捨てのティッシュを使う
・入浴の順番を最後にする

 

誤診で私が思う事。

たまに「病院でヘルパンギーナって

診断されたけど、2日たってから

手足にぶつぶつが出てたんだよね。

誤診されたわー。」と、話している

お母さんをたまにみかけます。

 

同時に症状が出ていればよいですが、

1日2日たってから他の症状が

出る事もあります。

 

丁寧な先生だと、

「現在、こういう症状が

出ているので◎◎ですが、

もし、後から○○の症状が出たら、

◎◎ではなく□□という病気です。」

と、説明してくれます。

 

先生というのは、

問診の内容や病状の経過、

地域の感染症の流行具合、

現在出ている症状など

様々な情報を診て診断しています。

 

他の病気の可能性も考えています。

 

しかし、他の病気を疑っていても

症状が出ていなければ

診断する事は出来ません。

 

病気の症状が分かりやすく

同時に症状が出ていれば

良いですが、後から他の症状が

出てくる事もあります。

 

お母さん、お父さんは

子供の様子を一番そばで見ていて

分かってあげられる存在です。

 

しっかりと様子を見て正確に

先生に伝えてほしいと思います。

 

むやみに誤診だ~と言わずに、

こういう事情があるという事を

頭の片隅に置いといて

ほしいなと思います。

 

勿論、先生も人間なので勘違いや

判断ミスもあるかもしれません。

気になる事やおかしいと思う事は

その時、必ず先生に聞きましょう。

 

それでも納得が出来ない場合には、

先生を変えて診察してもらう方法もあります。

 

最後に

全国で夏風邪が大流行中で、

いつ誰が感染してもおかしくありません。

 

日頃からしっかりと手洗い・消毒を

するようにして出来るだけ

感染するリスクを下げましょう。

タイトルとURLをコピーしました