感染対策にマスクは本当に意味ない?正しいつけ方

マスクの裏表 医療・健康

こんにちは、ぴんちゃんです。

 

皆さん、マスクって

どういう時につけていますか?

 

風邪をひいたり、

感染症予防につけている方が

多いのではないでしょうか。

 

マスクで風邪予防をするという事に関しては、

医者の中でも賛否両論あります。

 

なぜ、予防にマスクは推奨していない

と言われているのか?

今日は、「マスク」に関するお話を

していきたいと思います。

スポンサーリンク

風邪予防にマスクは意味がない?【マスクの効果とは】

正しくマスクを装着したとしても

小さな隙間は出来てしまいます。

 

ウイルスなどはとても小さくて

目に見えませんが、

実はあちこちにいます。

 

 

 

気が付かないうちに手につき、

さらにその手で目や鼻、

口に触れる事で体の中に

入って感染します

 

こういう理由から、

マスクで風邪やインフルエンザから

100%防ぐのは難しい

と言われています。

 

マスクが最も効果を発揮するのは

咳やくしゃみをしている人が

マスクをつけた場合です。

 

ただし、マスクをする事で
風邪やインフルエンザに
かかった人の看病をする時、
咳やくしゃみなどの
しぶきから守る事が出来ます。
感染症のある人に関わる場合は
マスクをして、
こまめに手洗いをしましょう。

 

因みにぴんちゃんママは、

・口元を加湿する

・多少のウイルスを防ぐ

という意味で多少なりと

ウイルスに効果がある

思っています。

 

なので、風邪予防にマスクを

した方が良いと思っています。

 

【口の中の乾燥は病気の元!】
空気が乾燥していたり、
水分が不足していると、
鼻や喉が乾燥してイガイガしたり、
咳や痰が絡む原因になっていまします。
鼻や喉は粘膜という膜で
覆われており、
空気中の
菌やウイルスから

侵入するのを防いでくれています。
乾燥してしまうと
この守りが低下してしまいます。
冬場は特に乾燥しやすいので注意しましょう。

 

結局どういう時にマスクをつければいいの?

  • 咳やくしゃみが出ている時
  • 風邪など症状がある場合
  • 病気の家族を看病する時
  • 口の中が乾燥する時
  • 掃除をする時

 

マスクの種類【ガーゼ・不織物】

ガーゼマスク不織物マスク
素材ガーゼを
折り重ねた物
(糸などで)
織っていない布
形状平型プリーツ型

立体型

 

風邪やインフルエンザなどの

感染症を広げないように

不織物マスクは効果があると

言われています。

 

これに対して、

ガーゼマスクのフィルター機能は低め

 

肌荒れで不織物が合わない、

喉の乾燥を予防したい時に使うなど

使い分けて使うと良いと思います。

 

【サージカルマスク】
(
病院で使われるマスク)
マスクをつけている人から出る
唾液や菌などから患者を守るため。
また、耐水加工されているものは
血液や体液などに由来される病原体が
体内に入るリスクを下げるため。

 

間違ったマスクの使い方は逆効果!

  • 1日中同じマスクを使用
  • 洗濯して再利用
  • マスクの表裏を手で触る
  • マスクが鼻ぴったりと密着しておらず隙間がある
  • マスクを顎にかける
  • 鼻の穴が覆われていない
  • 表裏が逆

こんな使い方をしている人はいませんか?

下3つは特に街中でよくみかけます。

 

この文章を読んで

ドキッとした人もいるのではないでしょうか。

 

間違ったマスクの使い方をすると、

十分な効果が得られず逆効果になってしまいます。

 

表裏、上下の見方【プリーツ型マスク】

立体型マスクは
口紅が付かないという理由で、

女性に人気のあるマスクですね。

このタイプで裏表を

間違える事はないかと思います。

 

ここでの裏表の話は、

プリーツ型のマスクになります。

 

このタイプは、

顔の大きさに応じて

形状を変える事ができ、

会話してもマスクが

ずれにくい構造になっています。

 

医療用マスク

サージカルマスクという、

医療用のマスクを

一般家庭や施設などで

使われている方も多いと思います。

 

特にこれを使っている人で

裏表を間違えている人が多くいます。

 

病院で使われるタイプのマスクは、

プリーツの向きが全て

同じ方向に向いています。

 

外側:プリーツは下向きになるように

↑写真に写っている側が

表(外側)になるようにつけます。

※プリーツは下向き

 

理由として、

プリーツ部分に

菌やウイルス、埃などが

溜まらないようにするためです。

 

 

 

接着面が肌に当たって痛くないように

大体はゴム紐の接着面がマスクの外側に

くるように作られています。

 

市販プリーツ型マスク

 

呼吸がしやすい構造に出来ている

プリーツが上向き、途中から下向き

プリーツに作られています。

 

 

 

 

市販のプリーツ型の多くは、

呼吸がしやすいように

口元に空間が出来る構造になっています。

 

肌側:鳥のくちばしの様になるように

 

↑呼吸がしやすいように、

写真に写っている側が裏(肌側)に

なるようにつけます。

 

裏表間違ってつけて、

鳥のくちばしみたいになっている人を

街中で時々みかけます。

 

マスクの上下の向き

上下を間違っている方は

殆どみかけませんが、

全くいないわけではありません。

 

プリーツ型のマスクの殆どは

ワイヤーが入っていると思います。

 

ワイヤーが入っている方が上になります。

 

 

マスクの付け方

  1. 手を洗う
  2. マスクのワイヤーが上側、
    プリーツは下きになるように向ける
    (市販マスクのプリーツは
    メーカーで異なるので
    注意書を確認して下さい)
  3. ワイヤーが入っている場合は、
    鼻の形に合わせる
  4. プリーツを広げ鼻・顎まで
    しっかり覆い装着
  5. 耳にゴムをかける

※マスク装着時は、

 表裏ともに触らないようにする

 

マスクの外し方

マスクの裏表面には沢山の
ウイルスや菌が付着しています。

表面裏面は触らず
耳近のゴムを持って外します。

 

マスクの捨て方

  • マスクの表裏面は触らない
  • ビニール袋に入れ、口を閉じ捨てる
    蓋つきのゴミ箱に捨てる)
  • 手洗い

 

汚れたマスクを、
ポケットやかばんに入れると
汚染を広げてしまうので
すぐに捨てる
ようにしましょう。

 

交換の回数は?【1日中つけるのは危ない!】

病院では1処置・患者毎に交換し、

交差感染を防ぐように決まっています。

 

家庭(理想)では、

一度マスクを外したら

明らかに汚れたら交換

するようにしましょう。

 

マスクをしていても、

同じマスクを1日つけていると

結果的に感染する機会を

増やしてしまいます。

 

ぴんちゃんのお家では、

  • 寝て起きた時
  • ご飯前
  • 外から帰ってきた時
  • 汚れた時
  • お風呂など

捨てるようにしています。

 

まとめ

  • マスクの効果を過信しすぎない
  • 感染を広げないようにマスクを使う
  • 着脱前後で手洗いをする
  • マスクを正しく装着する
  • 同じものを長時間使い使い続けない
※メーカーによって、
プリーツの向きやゴム紐の位置など
作り方や構造が違うのでつける時には
必ず注意書等を
確認するようにしましょう。

 

風邪を予防するには、手洗いが1番です。

 

また、体調が悪い時は人込みを避けたり、

普段から食事や睡眠、室内環境などにも

気を付けるようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました