春の訪れを感じる「ひな祭り」【由来、飾り付けや片付ける時期など】

雛人形 季節・行事

こんにちは、ぴんちゃんママです。

 

今日は、3月3日「ひな祭り」ですね。

日本の年中行事の1つで、

女の子の健康や成長を祈ります。

 

女の子のいる家庭では、

お雛様を飾ったり、

ちらし寿司を食べたりと、

お祝いしていることも多いかと思います。

 

 

ひな祭りはするけれど、

その由来を知っている人は

少ないのではないでしょうか?

 

今日は、3月3日という事で、

「ひな祭り」について調べて

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

いつ祝いするの?

桃の節句といわれる3月3日に行われるのが

一般的ですが、地域によっては、

4月3日に祝う所もあります。

 

ひな祭りの歴史

ひな祭りの始まりは、資料が存在せず、

正確にいつからというのは

分からないと言われています。

 

上巳(桃)の節句と流し雛(厄払い)、雛遊びが

合わさって生まれた風習と考えられています。

 

上巳(じょうし)の節句

中国では、

3月3日「上巳(じょうし)の節句」に

水辺で身を清めて、穢れを払う習慣が

ありました。

 

これが日本に渡り、

3月3日には穢れを払う儀式が

行われるようになりました。

 

雛遊び

平安時代の貴族の子供は、

「雛遊び」といわれる人形遊びをしていました。

 

紙で作った人形を、同じく紙で作った

御殿の中で遊ばせるという遊び。

 

流し雛

奈良時代には、紙で出来た人形が登場

平安時代には、人形に厄を移して川に

流す「流し雛」が行われていました。

 

「上巳の節句」の穢れ払いとして、

厄除けや守り雛として

祠られるようになりました。

 

江戸時代初期頃に立ち雛や座り雛の登場

形代の名残を残す、男雛や女雛1対の内裏(だいり)を

飾るだけの立ち雛飾りが作られました。

 

これらが座り雛として姿を変えていき、

人形は精巧に、衣装は十二単の装束を

まとうようになっていきました。

 

江戸時代後期にはスケールも大きく変化

宮中の上品な装束を現した物が現れ、

今の雛人形に近い古今雛(こきんびな)が

登場しました。

 

幕末までには、官女や隋身、仕丁などの

人形が考案され、嫁入り道具なども登場

するようになった。

 

昭和時代から平成へ

ピンちゃんママが小さい頃は、

15人フルセットの7段飾りが家に

飾られていました。

 

最近では、核家族や住宅事情などから、

三段飾りや収納飾りの雛人形が

増えてきているようです。

 

雛人形の価格

雛人形の値段ってピンキリです。

人形で有名な久宝堂さんで調べてみました。

 

出典/久宝堂公式ホームページ

https://www.kyuhodo.co.jp/

 

コンパクトな親玉飾りで5万円、

7段飾りだと20万ちょっとから

100万を超えるクラスの物まであります。

 

人形の数が増えたり、材質や飾りの有無

細かく作りこんであればあるほど

お値段もあがっていきます。

 

雛人形って20万くらいだろうなと

思っていましたが、

100万を超えるクラスがあり

ビックリです。

 

でも、写真でもみてもどれも

とても綺麗な作りになっています。

 

ひな人形はいつからいつから飾るの?

飾り付ける日にちに決まりはありませんが、

立春(2月4日頃)から2月中旬にかけて

飾ると良いとされています。

 

お正月を過ぎたら

飾り付けるという家庭もあります。

 

しまうのが遅れるとお嫁に行き遅れる?

ぴんちゃんママが小さい頃、よく母に

「なおす(片付ける)のが遅れたら行き遅れちゃう!」と、

聞かされていました。

 

勿論、迷信です。

 

この行き遅れるというお話は、

「片付けがきちんと出来ないといいお嫁には

なれないよ。」という、しつけの意味が

込められているようです。

 

いつしまうのが良いの?

ひな祭りが終わってから2週間まで

片付けるのが一般的です。

 

地域によっては、旧暦(4月3日)まで飾る所も

あるようです。

 

人形は湿気は大敵です。

お天気が良い日に、

お雛様をねぎらいながら

丁寧に片付けるようにしましょう。

 

保管方法

 

NGな保管方法。カビやシミなどの原因に

  • 水回り付近には収納しない(カビ、シミ)
  • 乾燥しすぎる場所には置かない(顔のひび割れ)
  • 日の当たる場所に置かない(色褪せ、変色)
  • ビニール、プラスチック容器は避ける(シミ、黄ばみ)
  • 直接手で触れる(シミ)

 

片付け方

【準備するもの】
・布手袋
・羽根ハタキ
・さらし
・人形用防虫剤
・人形を包む布や柔らかい和紙
  • 天気が良い日に布手袋をつけて片付けを行う
  • 収納する前に羽ハタキを使って優しく埃を落す

  • 小物などの道具をきれいに拭く
  • 頭は柔らかい白紙で優しく包む

  • 箱の中で人形が動かないようにする

  • 箱に入れ、雛人形用の防虫剤を適正に使う
  • 湿度の高い場所以外に収納収納する

 

※人形の持ち物や道具セット、ぼんぼりなどの

樹脂製のものは、ナフタリンを入れると

溶ける事があります。

 

お雛様とさようならする日が来た(処分方法)

長く飾ってたいものですが、

家庭によっては色々な理由で

処分する日が来るかもしれません。

 

そのような場合、

  • 寺社に供養を依頼する
  • 日本人形協会に代行依頼をする
  • ビックひな祭りに寄付をする
  • ニーズのある団体に譲る
  • フリマやオークションを利用する
  • リサイクルショップを利用する
  • 自治体のごみ回収制度を利用する

という方法があるようです。

 

最後に

ぴんちゃん達はお雛様を出す時、

お手伝いします。

 

2人ともお雛様が好きなようで

毎日眺めています。

片付ける日になると寂しくなるようで、

「またね。」と、あいさつをしています。

 

お雛様を子供と一緒に飾る事で、

季節を感じたり、楽しい思い出になります。

 

自分の子供に受け継いだおひお雛様、

新しく買ったお雛様、

子供達の新しい思い出と一緒に

末永く大事に飾ってほしいなと

思います。

タイトルとURLをコピーしました